弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野
鈴木 直明弁護士

鈴木 直明弁護士 すずき なおあき

050-5887-0833
「感謝の声」をおくる
名古屋ユナイテッド・パートナーズ法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13いちご丸の内ビル5階
分野を変更する

不動産・建築

欠陥住宅・未払家賃の回収等取引額の大きい不動産トラブルでは、多額の損害を被る可能性があります。弁護士歴13年目の弁護士が、最良の解決へ導きます。

不動産・建築の取扱分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

不動産・建築の特徴

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 分割払いあり

 借地・借家を巡って、貸主と借主、あるいは不動産業者との間でトラブルが生じた場合、民法及び借地借家法等の法律知識がその解決に必要となることも少なくありません。
 この種のトラブルには専門知識が必要のため、早期に弁護士に相談されることをお勧めいたします。

■トラブル事例■
①建物を新築したが、建物に「壁のひび割れ」などの欠陥(「瑕疵」)のあることが判明した。
②建物新築後、建設会社から、高額な追加工事代金を請求された。
③借主が家賃を支払わないにもかかわらず、借家から出て行ってくれない。
④きちんと家賃を支払っているのに、大家から立ち退きを要求された。

■解決方法■
①のケースでは、いかなる「瑕疵」であるのかの調査を実施し、場合によっては建築士等の専門家と協力して、建設会社に対し、「瑕疵」の修補請求や「瑕疵」により被った損害の賠償請求をします。建設会社がいずれの請求にも応じない場合には、建築紛争審査会のあっせん・仲裁手続や民事訴訟等の法的措置を講じます。
②のケースでは、施主と建設会社との間の追加工事の合意の有無及び追加工事代金額の相当性について検討の上、不合理な追加工事代金請求に対しては支払拒否又は減額の交渉をします。
③のケースでは、借主に対して、家賃の不払いを理由とする賃貸借契約の解約申入れをします。その上で、未払家賃の支払いを求めるとともに、借家の明渡しを求めます。もし、借主が明渡しに応じない場合には、借主に対し、民事裁判等の法的措置を講じ、場合によっては、強制執行を行う等して、借家の明渡し、未払家賃の回収を図ります。
④のケースでは、大家からの立ち退き要求の理由にもよりますが、単純に契約期間の満了を理由とする場合には、大家の立ち退き要求には、借地借家法において借家の明渡しを求めるために必要とされる「正当事由」がないものとして、その要求を拒否します。
また、家屋の老朽化等相当な理由による借家の明渡し要求であっても、立退料の支払いがなければ「正当事由」が認められない場合もあります。そのような場合には、家主に対して立退料を請求し、借家の明渡しに際して引越費用や転居先の敷金・礼金等の負担が生じうる借主の経済的負担ができるだけ軽減されるよう、大家と交渉をします。

 このように、当事務所では、法律の専門家である弁護士が、必要に応じて土地家屋調査士や建築士等の専門家と協力して、売買代金請求、欠陥住宅問題及び請負代金問題等の様々な法律問題の解決を図ります。最善の解決を目指し、まずはご相談ください。

【事務所ホームページ】 http://n-united.jp

不動産・建築

料金表をみる

不動産・建築の料金表

項目 費用・内容説明
法律相談料 (1)初回市民法律相談料:30分毎に金5000円
(2)一般法律相談料:30分毎に金5000円以上 金2万5000円以下
※初回市民法律相談とは、事件単位で個人から受ける初めての法律相談であって、事業に関する相談を除くものをいい、一般法律相談とは、初回市民法律相談以外の法律相談をいいます。
備考 ※別途消費税がかかります。
※弁護士費用の詳細はお問合せください。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築

特徴をみる

借金・債務整理

【初回相談無料】【弁護士費用の分割可】借金のことで頭が一杯ときは、ご相談にお越し下さい。取り立ての電話がなくなります。再出発を弁護士13年目の私が応援します。

借金・債務整理の取扱分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

借金・債務整理の特徴

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 分割払いあり

【借金・債務整理を受任するにあたって】
借金のお悩みは、なかなか周囲の方に相談できず、抱え込んでしまうことが多いのではないでしょうか。
多数の消費者金融や信販会社などから多額の借金をして、毎月の返済にお困りの方は、法律の専門家である我々弁護士にご相談下さい。
早めにご相談いただければ、より多くの選択肢をご提案できます。
借金のお悩み解決は、再出発への準備です。
借金問題解決後の生活を見据えた提案をいたします。

【料金について】
@初回相談料:無料
@着手金(報酬金なし)
非事業者の破産手続の場合:21万6000円〜32万4000円程度
個人再生の場合:27万円~37万8000円程度
※上記はあくまでも目安の金額になります。
ご相談時に明示いたしますのでご安心下さい。
 
【ご相談事例】
①借金総額300万円、月々の返済額15万円、手取り収入月15万円
複数の消費者金融会社から借金をしては、返済を継続している場合

②借金総額3500万円(そのうち2700万円が住宅ローン。)、月々の返済額35万円(住宅ローンの返済を含む。)、手取り収入が月40万円
妻と子供2人を養っているため、返済に困っているものの、住宅は取られたくない場合

【解決の流れ】
(1)弁護士自身が皆様方お一人ひとりから債務の状況・原因等の聞き取りを実施します。
※相談に来られる際には、債権者との契約書、クレジットカード、返済をした際の領収書や振込明細書等をご持参下さい。これらの資料がお手元にない場合でも対応可能ですので、ご相談下さい。
    ↓
(2)弁護士から各債権者に対して受任通知を送付し、取引履歴(いつ、いくら借りて、いくら返したかが分かる資料)の開示を請求します。
【受任通知が届いた段階で、皆様に対する借金の取り立てはストップします。】
    ↓
(3)各債権者から開示された取引履歴に基づき利息制限法所定の利率による再計算を行い、再計算後の債務残高を確定させます。
    ↓
(4)再計算の結果、過払い金が発生した場合には、その返還手続に着手します。

(5)再計算によっても債務が残る場合には下記方法よりあなたに合った解決方法をご提案します。
●任意整理手続
 弁護士が、消費者金融会社等の金融機関と裁判外で借金の圧縮を目指して交渉する手続き。
●自己破産手続
 裁判所を利用して、財産の整理をし、借金の免除を受ける手続き。
●個人再生手続
 裁判所を利用して、借金を概ね5分の1又は100万円のいずれか多い額に減額する手続きであり、場合によっては住宅ローンのある住宅を手放さずに借金の減額が可能。
等各種手続の中から、皆様個々人の資力等に応じて適切な手続を選択し、債務整理を行っていくことになります。

【ご相談事例の場合の解決方法】
 ①のケースでは、一つの目安として、再計算によっても残った債務の金額が180万円以下であれば、毎月5万円×3年間(36カ月)で返済可能ですので、上記の任意整理手続を選択して、返済計画を立て、各債権者と分割払いでの支払に向けて交渉します。
 180万円を超えるような場合は、皆様個々人の資力等にもよりますが、上記の自己破産手続を選択した方がよい場合もあります。
 ②のケースでは、再計算後も住宅ローン以外の債務が残った場合に、自己破産を申し立てると、通常、住宅を失うことになりますので、上記の任意整理手続か個人再生手続を利用して債務整理を行うことになります。

【事務所ホームページ】 http://n-united.jp

離婚・男女問題

【弁護士費用の分割可】
お気持ちの整理をお手伝いいたします。弁護士13年目の私が、
お金のことやお子様のこと、お気持ちに配慮してご提案いたします。

離婚・男女問題の取扱分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

離婚・男女問題の特徴

  • 法テラス利用可
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 分割払いあり

【離婚・男女問題のご相談にあたって】
離婚は、人生における大きな決断の一つです。
離婚に際し、まず問題となるのはお金とお子様の問題です。
離婚をしたいけれど、お金とお子様の問題に感情が交わり、何をどのようにしたら良いのか分からない、という方が多くいらっしゃいます。

財産分与、慰謝料、年金分割等の金銭的問題と、夫婦間に未成年者の子がいる場合には、親権者の指定、面接交渉権、養育費といったお子様に関する問題を、整理して考える必要があります。

また、離婚や不仲の原因が、配偶者の不倫(いわゆる「不貞行為」)であった場合、不貞行為をした配偶者に対し、慰謝料を請求することができます。
加えて、不倫相手に対しても、慰謝料を請求することができます。

私が離婚後の生活を見据え、あなたに合った提案をいたします。
お気軽にお越し下さい。

【料金について】
・交渉事件:着手金 10万8000円
      報酬金 10万8000円
・調停事件:着手金 21万6000円 
      報酬金 21万6000円 
・訴訟事件:着手金 32万4000円
      報酬金 32万4000円
(いずれも税込み)
※上記が基本的な費用ですが、事案によって増減額する場合があります。
 ご相談時に明示いたしますので、ご安心下さい。

【ご相談事例】
①結婚後35年を迎え、子供は自立し、夫も退職間近であるが、主婦である妻は、夫の度重なる浮気に嫌気がさし、夫に離婚を切り出したが、離婚に応じてくれない場合
②結婚後10年が経ち、未成年の子が1人いるが、自営業を営む夫は、主婦である妻が全く家事をしない上、不倫をしていることが判明したため、子供の親権を取った上で離婚をしたいと考えている場合

【解決の流れ】
上記①②の各場合、弁護士が丁寧に事情をお聞きし、離婚の意思の有無を確認させていただいた上、
①のケースでは、夫に対し、退職金を含めた適正な財産分与及び不貞行為による慰謝料を求めるとともに、適正な割合(原則として1/2)での年金分割を求めます。
また、不倫相手に対しても、慰謝料を請求します。
②のケースでは、妻に対し、不貞行為による慰謝料を求めるとともに、未成年の子の親権を求め(親権の取得が困難な場合には、子の面接交渉を求めることになります。)、財産分与及び面接交渉の問題の解決を図ります。
また、不倫相手に対しても、慰謝料を請求します。

【事務所ホームページ】 http://n-united.jp

所属事務所情報

所属事務所
名古屋ユナイテッド・パートナーズ法律事務所
所在地
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13いちご丸の内ビル5階
最寄り駅
名古屋市営地下鉄「久屋大通駅」(名城線・桜通線)
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL
所属弁護士数
7 人
所員数
13 人

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 相続
  • 不動産・建築
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 倒産
  • 国際・外国人問題
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5887-0833

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
定休日
土,日,祝
備考
18時以降にご連絡を頂く場合には、「メールで問い合わせ」よりお問い合わせいただくか、
もしくは留守番電話にお名前・ご連絡先を残していただきますようお願いいたします。
対応地域
鈴木 直明弁護士へ問い合わせ

050-5887-0833

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
定休日
土,日,祝
備考
18時以降にご連絡を頂く場合には、「メールで問い合わせ」よりお問い合わせいただくか、
もしくは留守番電話にお名前・ご連絡先を残していただきますようお願いいたします。
対応地域
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談